サービスクオリティ

フィデスは消費生活アドバイザー&Webマーケターの視点で開発された、各種評価ガイドラインにより、客観的な評価とアドバイスを提供します。
消費者、行政の判断基準を、ネットショップ運営に効果的に活かすサポートを行ないます。

消費生活アドバイザーの視点

《消費生活アドバイザーとは》

消費者と企業等の“かけ橋”として消費者相談業務において、適切なアドバイスをしたり、消費者の意向を企業経営に反映あるいは行政への提言ができる人材に付与された、内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定称号です。

消費者庁の法執行専門職員(景表法やJAS法などの違反被疑事案の調査補助を行なう)や、
照会専門職(事業者からの相談対応)の要件となる資格でもあります。

財団法人日本産業協会

消費生活アドバイザーの役割

●使用目的に応じた買い物の相談・助言
●商品開発・企画に関して、消費者の立場からの助言
●消費者向けのパンフレットや商品説明書、各種資料などの作成チェック
●商品・サービスなどに関する苦情の相談や使い方の相談・助言
●その他、商品テスト、モニター、市場調査、取材などの消費者の意向を反映する提言

消費生活アドバイザーの有する知識・技能

1.消費者問題
2.消費者のための行政・法律知識
3.消費者のための経済知識
(1)経済一般知識
(2)企業経営一般知識
(3)生活経済
(4)経済統計と調査方法の知識
(5)地球環境問題・エネルギー需給
4.生活基礎知識
(1)医療と健康
(2)社会保険と福祉
(3)余暇生活
(4)衣服と生活
(5)食生活と健康
(6)住生活と快適空間
(7)商品・サービスの品質と安全性
(8)広告と表示
(9)暮らしと情報

Webマーケターの視点

マーケティングの視点から、ネットショップサイトの戦略立案に必要なサイト目的、ターゲットユーザー、ユーザーニーズ、ユーザーシナリオを明確にします。
ネットショップサイト画面のユーザビリティを客観的に検証し、コンテンツ、ナビゲーション、広告表現、レイアウト等 受注につながる効果的な情報構造・画面設計を提案します。

行政および各種専門家との連携

広告法務サービスにおいては、最新法律改正情報、行政処分・違反情報をキャッチし、各省庁および都道府県の薬務室に問い合わせることで 、違法表記について的確なアドバイスを致します。
また、各種取扱商品の関連専門有資格者 (薬剤師、栄養士など)と連携し、現場での消費者対応を踏まえた広告表示についてアドバイスします。

良質な消費者モニターの活用

顧客満足度調査など、ネットショップに対する消費者の評価やニーズを的確に把握するためには、良質な消費者モニターの活用が不可欠です。
フィデスは、モニターリクルート専門会社「有限会社ラビッツ・コーコ」と提携しています。

●ラビッツ・コーコの独自モニター管理システム
・過去参加履歴の取得による、虚偽申告の排除
・企業からの参加状況フィードバックによる、厳格なステイタス管理
・モニターとの誠意あるコミュニケーションによる、,高い参加意識の醸成

お見積もり・お問合せ